これが沖縄の漢飯 その名も『骨汁』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
honejiru

これからの寒〜くなる季節にオススメな食堂メニューがあります。

そいつは名前も厳つくて、見た目もゴツくて、最初出会ったときは県民の私でも結構ビビりました。

けど、一度食べたら忘れられない。。

 沖縄の漢飯(おとこめし)代表その名も『骨汁』

豚のダシ骨のお汁と表現すればいいのでしょうか??
ダシ骨に、スブイ(冬瓜)か大根か、昆布や葉野菜が入ってることのが定番ですね。
ダシ骨についた骨を手で持ちながらムサボリつくスタイルで食べてる私もワイルドになった気分です。
たぶん初デートではなかなかハードル高い食べ物です。ワイルド過ぎます。
honejirutaberu

手でつかんでスップってください

今回の骨汁は、ダシ骨にスブイ(冬瓜)に青菜といったシンプルな構成でしたが、出汁もよく効いてて、骨も大変肉付がよく味に食べ応えに大満足でした。
店のおばちゃんいわく、出汁をとって余ったもので作ってるんじゃなくて、骨汁のためのダシ骨使ってるから、美味しいし肉付もいいいそうです。
honejiru-hone

大量の骨が出ます

他のメニューも沖縄っぽさ全開でいいですね!
からし菜炒めもいただいたんですけど、腹ペコだったんで写真撮り忘れてしまいました。。
menu

沖縄らしさ全開のメニューです

今回紹介してる「ふくろう」は、実は食堂ではなくおでん屋さん。
ランチ営業はこういったメニューですが、夜はおでんに変わるそうです。
fukurou-inside

店内はこんなかんじです

ランチ時間教えてくださいと聞いてみたら

11時から夕方までで、夕方からお客さんが帰るまではおでん屋さんだそうです。。。その間に買い物とか用事行ってる時は閉まってるからねーという沖縄っぽさ全開の回答でした。
おばちゃん

おばちゃんもいい感じです

そうそう店のおばちゃん的には、やぎ汁もオススメだそうです。うちは沖縄県産のやぎ使ってるから、美味しいさが違うよーとのことでした。
fukurou-outside

外観はこんな感じです

近々ヤギさんもいただきに行きたいと思います。
ふくろう

 

※要注意

骨汁はあちこちの食堂で人気メニューです。売り切れということも多いので食べたいときに食べれなくて、残念な思いをしたことが何度もありますので、食べたくなったら早めに行きましょう!

ふくろうではいつの時間もたべれる感じでした。

寒さが近づくにつれて、温かい食べ物が楽しみになってきた〜

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 沖縄の子どもの貧困 vol.1 -増加する子どもの貧困-
    沖縄の子どもが直面している問題 ”子どもの貧困”とは? “子どもの貧困”という言葉を聞いたことがあ…
  2. 沖縄移住と冒険って似ている 子供の頃、トムソーヤやグーニーズのようにドキドキワクワクする探検や冒険…
  3. フクギ並木
    フクギ並木とは フクギは成長が非常に遅く何十年もかけて大きくなり特徴としては並べて植栽すると背比べ…
  4. 沖縄生まれ沖縄育ち、成人を前に1年限定で憧れの県外生活(愛知、東京)を過ごし、初めての大都会生活に井…
  5. 粉モノの本場大阪!! でも、大阪まで食べに行くのは大変ですよね。 しかし!沖縄で本場大阪の味が楽…
  6. 小さなお子さんのいる家族が沖縄に移住して、その地域に慣れてきた後に子供の習い事を探す方が多いかと思い…
  7. 沖縄そば=沖縄ソウルフードの代名詞 もし『沖縄のソウルフードは?』と質問をしたら、必ずトップに名前…
2019年2月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

ページ上部へ戻る