海のないリゾ婚 沖縄Happy!ガーデンウェディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は私の自慢の友達のとってもハッピーな結婚式の紹介です。

私は北海道から沖縄県那覇市に移住し2年住んだ後、仕事の都合で一度は東京へ出たものの、その後沖縄での育児に憧れ再度沖縄に移住。
妻の実家や家族が住んでいる都合もあり二度目の沖縄移住の住まいは沖縄市へ、那覇近郊には友人がいたのですが、初めて住む沖縄市で、交友関係の構築をどうしたものかと考えていた時に、知り合ったのが新郎の小谷 良樹(コタニ ヨシキ)さんです。

良樹との出会い

彼との出会いは私の義理のお姉さんの紹介で「$$$にとても相性の良さそうな美容師さんがいるから行ってみたら?」と勧められ、足を運んだのが彼の勤め先”美容室 BLANCA(ブランカ)”でした。
DSC_4783

彼の人柄をわかりやすく説明すると、沖縄の方言でイチャリバチョーデー(一度会ったら皆兄弟)、この言葉がこれ程しっくり来る男はいない!とういうほどフレンドリーで老若男女問わず沢山の友人からしたわれています。私も彼からの紹介で、沢山の沖縄の友人と知り合うことができました。

私が沖縄移住してきて沖縄の人柄の良さや温かみが大好きなのは、こういった素晴らしい出会いに恵まれているからだと思います。そんな彼が先日結婚式をあげるというので、張り切って出席させていただきました。

結婚式会場 東南植物楽園

東南植物楽園

今回の結婚式会場の”東南植物楽園”は水上楽園エリア・植物園エリア等の幾つかのエリアで構成され、広い敷地内では大人も子供も青空の下で、自然を活用した体験や動物と触れ合ったりする事が出来ます。
東南植物楽園

東南植物楽園

またレストランやカフェなども併設されているので、ゆっくりと流れる時間のなかで食事を楽しむこともできます。
癒しと健康をテーマにしたレストラン PEACE(ピース)は、地元食材をふんだんに使ったメニューがそろい、園内を一望できるガラス張りの大きな窓が印象的でした。
東南植物楽園 ランチ

食事も含めて訪れる場合は、事前に予約することも可能なので、窓際の席を予約しておくことをお勧めします。
東南植物楽園 レストラン
住所:〒904-2143 沖縄県沖縄市知花2146
電話:098-939-2555
営業時間:
日曜日~木曜日 9:00 – 18:00(最終入園 17:00)
金・土・祝日の前日 9:00 – 22:00(最終入園 21:00)
入園料金:一般 1,500円,高校生 1,000円,小中学生 500円,6歳未満 無料
駐車場:あり

東南植物楽園

沖縄ガーデンリゾートウェディング

沖縄といえばリゾートウエディングといった印象が強いと思います。最近も名護市、恩納村、読谷村では、”沖縄リゾートウエディング(リゾ婚)”を”ふるさと名物”に特定し、自治体として応援していくということを宣言されていましたが、今回は一風変わった”沖縄ガーデンリゾートウエディング”をご紹介したいと思います。
東南植物楽園 ウェディング

“東南植物楽園”のガーデンウエディングの魅力は周りに海こそありませんが、周囲が沢山のヤシに覆われ作り出されるプライベート空間と、異国情緒あふれるハワイやバリを彷彿させる自然豊かなロケーションの中、自由度が高い自分達なりの結婚式の演出ができるところにあります。
東南植物楽園 ヤシの木

結婚式 植物園

新郎、新婦が挙式を上げる植物園内のガーデンへ、ご家族、友人達が見守る中カートに乗ってご機嫌に入場です。新郎は登場した時から二人の為に皆が集まってくれた事に感動し、すでにウルウル状態。
NOR_1258

幸せの白い扉を二人で開き、芝生のなかに真っ直ぐに伸びるバージンロードを歩き祭壇へ
NOR_1257

二人の幸せの門出を応援する人たちに囲まれて指輪の交換。皆に祝福され本当に幸せそうです。
東南植物楽園

新婦の綾乃さんは笑顔がとっても素敵で、新郎に「僕の太陽です!」と言わせる程の魅力の持ち主、良樹ととってもお似合いで、この二人ならとっても明るく素敵な家庭を築くはず!と思わせてくれます。
NOR_1286

披露宴 フレンズ

結式の後は披露宴会場のフレンズに移動、この日は雲ゆきが怪しかったのですが、結式のタイミングは太陽が顔を出し、披露宴会場に皆が移動した後で雨が降るというミラクルな一日だったのを覚えています。雨に濡れる人がでなくてホント良かった!
NOR_1330

東南植物の魅力の一つであるフレンズのデコレーション、二人らしいとってもハッピーな装飾がさらに披露宴を盛り上げます。
東南植物楽園 フレンズ

この写真は、たまたま別の日に訪れた時に目にする事が装飾、赤いバラをモチーフにしています。このように自分達なりの好みでアレンジが可能です。
NOR_3152

「痛風が怖くて祝いの酒が飲めるか!俺は年中半ズボンだ!」と豪語する彼!友人代表として挨拶。

以前、移住沖縄の記事(沖縄ローカルレストラン)で登場した松屋食堂のキミちゃんも親友の良樹の為に涙のメッセージ読み上げます。
こう見えてもキミちゃんは殺人未遂犯なんです。彼女が起こした事件は以前にも紹介しましたが、とにかく面白いので再度紹介します!(沖縄市殺人事件)
東南植物楽園

その他にもアフリカンミュージックやフラダンスなど気持ちのこもった余興も行われました。
そしてお祭り男、良樹といえば、やはり!「カチャーシー」!沖縄の結婚式の締めはこれ!会場は想像以上にカオス状態、新郎本人もノリノリなのであります。
NOR_1447

NOR_1451

私が沖縄で参加させてもらった中でも、思い出に残る結婚式の上位にランクインとなりました。
沢山の大好きな家族や友人たち囲まれて、良樹と綾乃ちゃんらしいとってもハッピーが詰まった披露宴だったと思います。
NOR_1438
笑顔がとにかく素敵なお二人さん、心より末永くお幸せに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 海洋博公園/沖縄美ら海水族館 沖縄県が世界に誇る・・・といえば本当にさまざまなものがありますが、沖…
  2. kayak  カヤック
    この記事を書いてる今日は秋の気配はどこに行ったの??と思うくらいホント暑くてびっくりなんですが、これ…
  3. アイキャッチ
    前回、沖縄の街を強引に例えてみました。 引き続きディープ編です。 第一弾 沖縄移住の参…
  4. 那覇空港
    沖縄移住をするにも沖縄旅行をするにも必ず考えなくてはならないのが県外からの移動です。 海に囲ま…
  5. 上級会員?
    JALとANAのマイレージ上級会員って何? 沖縄移住にも沖縄旅行にも必ず考えなくてはならないの…
  6. 沖縄の子どもの貧困 vol.2 -貧困で進学できない子どもたち-
    沖縄の子どもの貧困 貧困で進学できない子どもたち 前回、沖縄においての子どもの貧困について書きまし…
  7. こんにちは、沖縄市というところでゲストハウス「羊屋本店」をやっている狩俣というものです。 前回…
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る