沖縄はゴルフ天国!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海に向かってティーショット

ゴルフ人口の減少が日本で騒がれております。

原因は、若者のゴルフ離れやスター選手の海外流出等、問題はさまざまですが、ここ沖縄ではどうでしょうか?

宮里三兄弟をはじめ多数のプロを排出した沖縄は、全国的にみてもゴルフが盛んな地域性と言えます。自慢できるほど上手ではない移住歴10年の私ですが「沖縄はゴルフ天国」とオススメできる理由をまとめてみます。

(1)青い海に向かってティーショット!

宮古島ゴルフ場
ツアープロからも外国でプレーをしているような感動がある。と言わしめるほど、沖縄のコースは有名なリンクスコースがあります。
青く輝くオーシャンビューのチャンピオンコースは、リゾートゴルフの決定版ともいえるでしょう。夢にもでてきそうなリゾートゴルフがとことん満喫できます。
離島を含めると20コースほどのチャンピオンコースが存在し、どのコースでも海が見えます。山岳コースやリンクスコース等、バラエティに富んだコースがたくさんあるので、お気に入りのコースを見つけるのも移住後のお楽しみになるかと思います。

おすすめチャンピオンコース

ザ・サザンリンクスゴルフクラブ(南部)
日本の代表的なリンクスコースです。壮大な景色に後押しされ、まん振りしてもOBが少ないのでスコアがまとまります。海越えのティーショットはゴルフ人生の1ページに残ることでしょう。

公式サイト http://www.southern-links.co.jp/

喜瀬カントリークラブ(中北部)
シニアプロのトーナメントも行われる名門コースです。ノースショアという南国用の芝を使っているので、高麗やベントとは違ったプレーが楽しめます。

公式サイト http://www.kise-cc.jp/

 

 

(2)一年中プレーできる

沖縄の形をかたどったバンカー(オリオン嵐山ゴルフコース)

沖縄は雪が振らないので、台風以外のコンディションなら、ゴルフ場もレンジもクローズしません。オンシーズンの冬場は料金が高く、灼熱の真夏は、プレー料金が安価になります。

オンシーズン(11月〜4月)

冬場は観光客のゴルフ利用も高まり、コース料金は、はっきり言って高いです。コースにもよりますが、内地より高い印象があります。
沖縄に住んでいるなら、ミドルコースやショートコースを多く利用したほうがコストパフォーマンスには優れる時期ではないでしょうかj。

オフシーズン(5月〜10月)

ただでさえ、日差しの強い沖縄。さえぎるもののないゴルフ場では、独特の忍耐が必要になります。カートには水筒と黒糖が用意されておりますが、水分や塩分を用意しないと日射病になります。汗だくでプレーした後のキンキンに冷えた生ビールは、格別なものとなるでしょう。

(3)ゴルフ練習場が安い

由来はわからないですが、ゴルフの練習場を沖縄ではレンジと呼びます。
どのレンジにいっても200ヤード以上あり、料金は良心的です。1,000円で200球位(1球5円)位が相場で、早朝は、よりサービス価格で提供されるところもあります。都内で35円という料金を経験したこともあるので、格段に安いと感じます。また、どこに住んでも15分も車を走らせばレンジがあるのもゴルフ練習に適した環境といえます。
波の上ゴルフレンジ

(4)手軽なショートコースが安い

ショートコースとは、長くても150ヤードほどの9ホールを予約なしでラウンドできるコースのことです。コースデビューに備える初心者や子供には最適なコースであることはもちろん、上級者にも実践練習として最適なショートコース。沖縄県内には、10コースもあります。
安いところでは、1,000円でラウンドすることができ、2周目は500円というサービスも存在します。
レンジとコースを同時に利用するのも上達への近道ですね。
仕事前にレンジやショートコースを利用できるのも沖縄ゴルフライフの大きな魅力です。

おすすめショートコース

西原グリーンセンター(南部)
レンジの横に併設されてるので、手軽に反復練習ができます。

マリンタウンゴルフ(南部)
ここもレンジの横に併設されてます。手軽なので、コースデビュー前におすすめです。

また、PAR50前後のミドルコースも県内には、10コースもあります。
予約が必須のコースもありますが、比較的安価でドライバーを使えるホールも多々あるので、チャンピオンコースでなくとも同等の楽しみができます。

おすすめミドルコース

南山カントリークラブ(南部)
宮里兄弟がジュニア時代から優勝していた大会も行われるコースです。ミドルだからと言って侮るなかれ。グリーンキレイで、景色も爽快。カートもあるし、クラブハウスもとてもキレイです。

公式サイト http://www.okinawa-nanzan.com/

残波ゴルフクラブ(中部)
恩納村のホテルに宿泊しているのであれば、近くて利用しやすいです。残波岬に位置する海を臨めるコースに立つだけでゴルフ好きのパパはうっとり。子供とラウンドしても良い思い出ができるでしょう。

公式サイト http://www.zanpa-golf.co.jp/

 

(5)レッスンも安い

私が利用したのは、レンジに所属してるプロに手取り足取り教えていただくレッスンです。週1回のレッスンで月額5,000円。これも都内の価格帯からすると安価です。自己流でスコア100切りできなかった私が90まで一気に縮めることができたのもプロのおかげです。また、ラウンドレッスン等もあり、プロのコースマネジメントを生で見ることもでき、生徒さん同士での交流も計れます。

(6)スループレーが原則で時間が読みやすい

アメリカ統治のなごりで、沖縄のゴルフ場はすべてスループレーとなります。途中に休憩を挟まないので、だいたいの終了時間が読めるので安心です。午前スタートの場合、朝一のラウンドで午後出社なんてことも可能です。午後スタートの場合は、昼食までゆっくり過ごしてからラウンドしても夕方にはラウンドが終わります。

(7)注意事項

サビ

沖縄の雨には、塩分が含まれてるといいます。海沿いのコースでなくともラウンド後にメンテナンスをしないと車と同じでゴルフクラブにもサビがでてきます。

カビ

沖縄のカビ発生率は、日本一です(私調べ)
梅雨の時期などは、定期的にキャリーバックを換気し、メンテナンスしないと無惨なことになります。

グリーンの芝

コーライ芝、ベント芝が日本では有名ですが、沖縄では、暖地型西洋芝(ティフトン芝、バミューダ芝)が多く使われています。
芝目の特徴まで、理解できるレベルではないのですが…。シングルプレーヤーにとっては、ラウンド前の練習でグリーンのコツをつかんでおくことがスコアメイクのカギになると思います。

グリーンのハブ

グリーン上のハブ
フェアウェイを外して、木々の中にボールを探す。このようなシチュエーションにも「ハブ注意!」と看板がある場合あります。ごく稀にグリーン上に、ハブが現れることもあります。レアケースですが、そんなときは、マーシャルに連絡しましょう。ハブは飛ぶこともあるらしいので、まずは逃げましょう。

沖縄ならではの出会いも(?)

アヒルやマングースに出会うこともしばしば。時にはイグアナ(?)がいることも。プレーの邪魔になってもやさしく対応してあげて、安全なタイミングを作ってプレーをしましょう。
イグアナアヒル

ゴルフ未経験の方は、沖縄ではデビューしやすい環境といえます。また、ゴルフ大好き経験者の方にとっても県内多数のコースやレンジからお気に入りを見つけることで、移住ライフが、健康的で楽しいものとなるでしょう!Let’s Play Golf!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 粉モノの本場大阪!! でも、大阪まで食べに行くのは大変ですよね。 しかし!沖縄で本場大阪の味が楽…
  2. ウミカジテラス テラス席
    本日オープンのウミカジテラスへ早速伺って来ました。 ウミカジテラスってなに? コンセプト …
  3. 国際通り屋台村 築地青空三代目
    国際通り屋台村って? 那覇市のランドマークとも言える国際通りに国際通り屋台村は2015年6月に誕生…
  4. リエールブラン 夜景
    沖縄で夜景と食事を楽しむ 私が沖縄移住する前に、生まれ育った町は北海道の函館市、世界三大夜景に選ば…
  5. 与那原家 沖縄
    地元の人に愛される沖縄そば 昭和60年の創業、地元客に愛される沖縄そば専門店与那原家、私が沖縄に移…
  6. 知らない土地での運転は不安ではありませんか? 沖縄では運転中、ビックリすることが多いです。 特に…
  7. 沖縄 高校野球
    興南高校サヨナラ勝ち、もう一度あの感動をご覧下さい。 昨日の9回裏 (石見智翠館)5 × (興南高…
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る