アチコーコーシリーズ第二弾 みんな大好きうちなー天ぷら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アチコーコーシリーズ第二弾は『うちなー天ぷら(沖縄天ぷら)』を紹介します。
第一弾:『アチコーコーの島豆腐』
うちなー天ぷらは沖縄県民にとって身近な存在で、家の近くには天ぷら屋さんが結構な割合であったりします。

県外の方にとって天ぷらは高級感のある『おかず』だと思いますが、沖縄県民にとっては身近な『おやつ』といっても過言ではありません。
近くのお店でサッと買って、その場や運転しながら食べちゃったりもします。
もちろんおかずにもなりますし、お酒のつまみにも最適です。
またお盆やお祝いにもうちなー天ぷらは重宝されます。

沖縄移住をされた方がうちなー天ぷらを一度食すと、魅了されちゃうこと間違いなしの一品です!
さぁあなたも、うちなー天ぷらの世界へレッツゴー!

本土の天ぷらとうちなー天ぷらとの違い

うちなー天ぷらと本土の天ぷらの違いってなんでしょう?
同じ”天ぷら”ですが、見た目や味は似て異なります。

9f0e7b3ff157e69689461a1f071cdaa7_m

本土のてんぷら

2a54cc81889f3292efe1a7911ca35b77_l

うちなー天ぷら

衣が違う

本土の天ぷらは、カリカリでサクっとした薄い衣の中に具材が入っているのですが、うちなー天ぷらはモチモチっとした暑い衣に具材が包まれています。

うちなー天ぷらには塩味が付いていて、そのまま食べることができます。
本当にそのまま食べられちゃうので、自分で揚げながらパクっといっちゃうキッチンドランカーならぬキッチンテンプラーな主婦が続出です。

食感

一口食べると、もっちりとした厚い衣と中に入っている食材が抜群にマッチします。
どんな食材を入れてももうちなー天ぷらとして成り立つんじゃないかと思う程です。

メニューが変わらない

本土の天ぷらは四季折々の食材を揚げますが、四季がほとんどない沖縄ではメニューは一貫していて、年中同じメニューを食べることができます。

書きながらよだれが出てたまりません…

たまらなくなったので買いに行ってきました

いつもは【上間てんぷら】に行くのですが、今回はドライブを兼ねて南城市の奥武島へ。
奥武島はその名の通り橋で繋がった小さな島で、あらゆる所にてんぷら屋さんが立ち並んでいます。
橋を渡ったすぐ先にある【中本鮮魚てんぷら店】も有名ですが、今回はTV番組の『ケンミンショー』でも取り上げられた【大城てんぷら店】へお邪魔しました。

IMG_8340

大城てんぷら店

大城てんぷら店

住所:沖縄県南城市玉城字奥武193
電話番号:098-948-4530
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日

IMG_8304

晴れている日は小窓から注文ができます

通常のてんぷら屋さんは揚げられて陳列されたものを購入しますが、【大城てんぷら店】は注文を受けてその場で揚げるスタイルです。
カウンターにある注文用紙に書かれている品名の横に購入したい数を書き込んでいきます。
金額はなんと、一律60円!

IMG_8305

注文書に個数を記入します

注文してから待つこと数分、出来立てほかほかの天ぷらが出てきました。

IMG_8306

衣が厚くもちもちの食感がたまりません

突然ですが、ここでクイズです。
私が持っている天ぷらの中身は何でしょうか?
はうちなー天ぷらのイカと魚は外見がほとんど似ているため、一口食べてみるまでわからない事がよくあります。
では一口食べてみます。答えは・・・

IMG_8308

こ、これは・・・

魚でした!
このようにイカと魚でロシアンルーレット的に遊ぶこともできます。
しかしうちなー天ぷらに慣れてくると、持った感覚や衣の付き方だけで中身が判断できるようになります。

天ぷらの種類

IMG_8319

色とりどりのうちなー天ぷら

イカ&魚

イカは四角に切られたものを揚げているのが一般的ですが、お店によってはイカゲソを揚げている所もあります。
魚の具材は、マグロ、マンビカー(シイラ)、カジキ、ミーバイ、メカジキ等が使われています。

野菜

野菜の具材は基本的に人参や玉ねぎが入っていますが、お店によって季節の野菜を入れたりもします。

IMG_8329

もずく

もずくはイトモズクという海藻で、ぬめりがあるのが特徴です。

IMG_8328

うむにー

うむにーとは、紅いもなど数種類のイモを混ぜ合わせたもので、しっとりとした食感が魅力です。

IMG_8327

アーサ

アーサとは海草のヒトエグサのことを言います。
お店によって違うのですが、大城てんぷら店はカリカリに揚げていてせんべいのような食感でした。

IMG_8330

それ以外にもカボチャやイモ、ウインナーなど色々な食材を揚げているお店が沢山あります。
また定番のイカや魚などはどこのお店にも売っていますが、それぞれお店によって特徴があります。
衣の付け方・味付け・揚げ方などいろいろ工夫されていて、全く同じ味というのはありません。
お店によって食べ比べて、自分の好みの店を見つけるのも楽しみの一つです。

また食べ方もそれぞれで、そのまま食べたり、ウスターソースをつけて食べたり、ウスターソースに七味を混ぜて食べる方法もあります。

安くていつでも食べられるうちなー天ぷらは、一口食べると心と体がホッとします。
大人から子供までみんなが大好きなうちなー天ぷらは、私たちの食文化として根付いているだけでなく、沖縄県民の心と体の一部としてしっかりと根付いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. リエールブラン 夜景
    沖縄で夜景と食事を楽しむ 私が沖縄移住する前に、生まれ育った町は北海道の函館市、世界三大夜景に選ば…
  2. 辺野古ビーチのフェンス
    沖縄移住者の中山です。 その時の判断で投票先を考えるノンポリ無党派層です。 特定の宗教も特にあり…
  3. T-bone steak
    沖縄に生活していると、アメリカンな雰囲気はあちらこちらに溢れています。 特に本島中部ではアメリカン…
  4. 北谷 ゾンビウォーク
    今日は私が住む沖縄中部にある、北谷アメリカンビレッジにゾンビが大量発生しているという情報を聞きつけ、…
  5. 突然ですが、皆様はクルマについてどう思われますか? 私はクルマが大好きなので、クルマはステイタスだ…
  6. 沖縄移住のときに、忘れてならないのが「医療環境」です。単身ならまだしも、子供を伴って移住となれば必須…
  7. ウミカジテラス(Umikaji Terrace) 夜
    今回はウミカジテラス(Umikaji Terrace)の夜の顔に迫りました。 ウミカジテラス(…
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る