変態チックな真夜中の沖縄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。 照屋です。

タイトルが怪しいですね、、、
今回の記事は、「真夜中にカメラを持ってフラフラしたくなる衝動」が抑えられない私が撮影した、真夜中にしか見れない沖縄をご紹介させていただくという変態チックな内容となっております。
しばしの時間、お付き合いいただけましたら幸いです。。。

北部エリア

1.フクギ並木入り口の大きな木(本部町)
1

こちらの写真は美ら海水族館のすぐ隣にある「フクギ並木」という観光名所です。
入ってすぐの所に駐車場があるのですが、その手前の大きな木。
「備瀬の名木」として有名だそうです。
↓普段の写真はこちら↓
dscn050615昼に見てもなんともない風景が、真夜中になるだけで良い雰囲気をかもし出します。

2.やんばるの山の中(大宜味村)
2

こちらの写真、一見明るいように見えますが辺りは街灯一つない山奥です。
地元住民が使用する狭い道路で撮影しました。
シャッタースピードを遅くして時間をかけて撮影しました(1枚撮影するのに5分程かかります)。
時間をかけて撮影することでわずかな星明りを捉え、ここまで明るくなります。
周りは本当に真っ暗で、動物の鳴き声と川が流れる音のみが聞こえる大自然と一体になることができる場所でした。
↓普段の写真はこちら↓
bこちらの道路は地元の方のみが使用できる道路で、一般の車はここまで入ることができません。
かなり狭い道なのですが、対向車線から車が来た際はどうしているのでしょうか?

3.ター滝入口(大宜味村)
3

こちらは大宜味村にある「ター滝」の入口。
大宜味村にある平南川の上流にあるのがター滝。
普段は地元人たちの避暑地として賑わうこの場所も夜になればもちろん誰もいません。
私個人的にはこういう不気味さが好きなのですが、周りにはどうも理解してもらえず、、、
この場所ももちろん真っ暗で星以外何も見えませんでした。
↓普段の写真はこちら↓
v sd
左の写真が入口の所、右の写真が滝の所です。
夜は非常に危険なので奥まで入らないでくださいね。

中部エリア

4.残波岬で流れ星鑑賞!(読谷村)
45

読谷村にある残波岬。
こちらは写真がどうこうではなく、この場所が素敵なのです。
星を見る際に邪魔になるのが「町の明るさ」や「月」です。
なので、どうしても星を見に行く際はやんばるへ行ってしまいがちですが、
残波岬は本島中部では珍しく、年中満点の星空を見ることができる素敵なスポットなのです。
灯台の明かりを物ともせず、力強く光り続ける星は圧巻です!
↓普段の写真はこちら↓
g入場無料で年中訪れることができますので、近くに寄られた際はぜひ!

南部エリア

5.浦添城跡(浦添市)
6

こちらは浦添市にある浦添城跡。
沖縄には城跡がたくさんありますが、そのほとんどが夜になると立ち入り禁止になります。
浦添城跡は夜でも見ることができます。
(立ち入り禁止区域もあるので注意してください)
ここは夜景スポットとしても有名で、地元のカップルがよく訪れます。
しかし、心霊スポットでもあるとの噂もあるので苦手な方は避けたほうが良いかもしれません。。。
↓普段の写真はこちら↓
f城跡シリーズは色々なところに挑戦してみたいと思ってます!

6.首里城からの夜景(那覇市)
7

こちらは、夜の首里城公園からの夜景です。
実は、夜の首里城公園は夜景スポットとして有名です。
何度か訪れているのですが、必ず誰か先客がいます。
調べたら、沖縄の夜景ランキングで上位にランクインしていました。
公園内は入場無料なので、夜のドライブコースに入れると盛り上がるかもしれませんね!
↓普段の写真はこちら↓
%e3%82%93話は変わりますが、最近初めて首里城へ行きました。
沖縄に住んでいると逆に行く機会が無かったのですが、実際に行ってみて大満足でした!
沖縄在住でまだ足を運んでいない方、一度は遊びに行ってみることをオススメします。

今回の写真は以上となります。
変態チックな写真はいかがだったでしょうか?
なかなか共感される方は少ないのですが、一人でも興味を持っていただけたら嬉しいです。

真夜中の写真撮影で気をつける事

くれぐれもハブには気をつける
ハブから身を守る方法→http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/yakumu/yakumu/habu.html
ハブと戦う方法→http://agije.com/jouhou/archives/6059.html

三脚を忘れない
夜間撮影で三脚を忘れたら何も撮影する事ができません。
シャッターを長時間かけて撮影するので、手持ちで撮影しようとするとわずかなブレでも出来上がりが大きなブレになっているので、カメラを固定する三脚は必需品です。

良い写真を撮ろうと頑張らない
夜景などの撮影は比較的簡単なのですが、真っ暗な場所での撮影は非常に根気がいります。
なんせ真っ暗なのでピントが合っているかどうかも実際に撮影してみないと分からないのです。
なので、いきなり素敵な写真が撮れるものではありません。
(上級者風に言っていますが、私はほぼ素人です。)
なんとなーく、ふらっと撮影したものが良い写真だったりします。
なので、大切なのは根気よく何回も撮影に出かけることだと思います。

 

【次回予告!】沖縄の夕日スポットをご紹介します!

%e6%9c%80%e5%be%8c

 

次回、沖縄の夕日スポットをご紹介したいと思います!

最後まで見ていただいてありがとうございました〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. アチコーコーシリーズ第二弾は『うちなー天ぷら(沖縄天ぷら)』を紹介します。 第一弾:『アチコーコー…
  2. 移住者インタビュー
    名前 中山伸之 年齢 38才 家族構成 妻・長女(5歳)・長男…
  3. 沖縄そば=沖縄ソウルフードの代名詞 もし『沖縄のソウルフードは?』と質問をしたら、必ずトップに名前…
  4. 砂辺エリア
    「沖縄で出来る "不動産投資" には、どんなものがあるの?」 「”米軍関係者向け賃貸住宅投資” が…
  5. 少し疲れが出てきたら・・ 沖縄に移住してきて、少し疲れが出てきたら海などに行くのもおすすめですが、…
  6. ちょっと唐突ですが、私は建物の『屋根』にはその地域の風土や特色が色濃く現れると思っています。 東北…
  7. ハロウィーンミハマ2015仮装コンテスト
    「トリック・オア・トリート!」今日は先日のOkinawa’s 5th Annual Zombie W…
2017年11月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る